山林に小屋やログハウスを建てよう

山小屋

自分の山林に小さな小屋やログハウスを建ててみませんか。自分で資材の搬入や大工仕事ができるなら、山林内に小屋を建てることはそれほど難しくありません。

インターネット通販サイトで小屋やログハウスを探すと、3畳程度の小さな小屋なら数十万円程度、本格的なログハウスは数百万円程度で見つかります。

自分の山なら楽しみ方はいろいろ、小屋やツリーハウスを建てて、焚き火でコーヒーを沸かしたり、満天の星の下、小屋の中で一夜を過ごすのも自由です。

週末は山に入り、日常を忘れて自然の中で贅沢な一時を過ごすのも楽しいものです。

小屋を建てるときの注意点として、基本的に山林内で建築はできませんが、基礎のない10平方メートル以下の簡易な小屋や物置程度であれば問題ありません。

ただし、山林内で本格的な山小屋やログハウス、住宅を建築する場合は、事前に建築基準法や都市計画法、自治体の条例を確認する必要があります。

無印良品の小屋

生活雑貨や衣類・食料品を販売する「無印良品」では、6畳ほどの小屋を販売しています。

無印良品の小屋 | 無印良品
「気に入った場所でくらす」。だれもがもつ小さな憧れを、かたちにする道具ができました。家や別荘ほど大げさではなく、キャンプほど単純でもなく。山や海、庭など、自分のすきな場所に置けばたちまちその土地の一部となり、もうひとつのくらしがはじまる。そんなイメージから生まれたまっさらな小屋です。

価格は材料費、施工費込みで300万円~となっており、沖縄以外の46都道府県で建築可能です。事前に土地の地目や法規を確認するための有料調査サービスもあります。

この小屋は自宅以外の場所にも拠点を構える「二拠点生活」向けに提案されたものですが、山林内に設置すれば山小屋としても使えそうです。

水回り設備や電源はなく、内装もほとんどありませんが、群馬県嬬恋村にある無印良品のキャンプ場では、実際に宿泊施設として利用されているそうです。

山小屋やログハウスを探す方法

山小屋やログハウスを探す方法ですが、インターネットの通販サイトで「山小屋」や「ログハウス」と検索すれば、様々な形や大きさのものが見つかります。

山小屋の費用ですが、小さなものであれば数十万円から、建築確認申請のいらない6畳程度の小屋でも、50万~100万程度で購入できます。

ログハウス インターネット通販

「物置」で検索しても、うまく活用すれば小屋として使えそうなものがありますね。

物置 インターネット通販

他にもGoogleやYahooを使って「ログハウス キット」や「小屋 キット」で検索すると、自分で作るセルフビルドのログハウスや小屋が見つかります。

それほど大きな小屋でなければ、キットの小屋やログハウスを購入して、少しずつ建てることも可能です。他に建築費や運搬費が必要ですが、自分で工具を使ってDIYを楽しめば、建築費用の節約にもなります。

山小屋やログハウス建築時の注意点

山小屋やログハウスを建てるときは、山林の用途や地目に注意してください。基本的に、基礎を必要としない簡易な物置や、休憩所、資材小屋であれば問題ありません。

基礎を必要としない6畳程度の小さなログハウスや小屋であれば、床面積が10平方メートルを超えないので、山林内でも建てることができます。

ただし、本格的なログハウスや山小屋を建てる場合は開発行為にあたるため、事前の許可や認可が必要です。また、市街化調整区域や保安林に指定されている山林では建築ができません。

あと、山林内に電線や水道を引き込むようなインフラ整備は難しいので、小型の発電機やモバイルバッテリーを持ち込んだり、雨水をためて使う等の工夫が必要です。

山林内に基礎が必要な建物を作る場合は、自治体に問い合わせて事前に調査してください。以下のQ&Aページで、山小屋・ログハウス等の建築に関する質問に答えています。

山林購入売却Q&A 山を買いたい・山を売りたい方へ | 山いちば 山林物件の購入売却情報サイト
山林売買でよくあるご質問、お問い合わせに関する回答を「山林売買Q&A」にまとめました。山林売買や山小屋などの建築、保安林、山林の維持管理などに関する質問と回答を掲載しています。山林購入または山林売却をご希望される方への参考になれば幸いです。
山いちば 山林売買情報サイト
山林売買Q&A