日本の山林・森林を知る

日本の山林・森林を知る

山林が果たす治水の役割 台風や大雨による氾濫・洪水を緩和する

日本国土の約3分の2を占める山林には、雨水の流出量を平均化して洪水を防止する「洪水緩和機能」などの役割があります。土壌内に貯まった雨水は地表だけでなく、地下水など様々な経路でゆっくりと川や平地に流れるため、大雨でも河川の流量を緩和することができます。
日本の山林・森林を知る

日本林業復活の兆し 木材輸出 40年ぶり高水準

日本経済新聞に「木材輸出 40年ぶり高水準 アジア需要取り込む」という記事が掲載されていました。記事によると、中国を中心とするアジア向けの需要が増え、輸出が伸びているとのこと。日本国内の木材価格も、バイオマス向けの需要が増えていることもあり、じわじわと上昇しています。これは国内林業復活の兆しかもしれません。
日本の山林・森林を知る

森林浴 国も提唱する自然セラピー

「森林浴」という言葉は誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか? 山、森林、自然のなかで心地よいひと時を過ごす・・・木々の間から木漏れ日を受けながらリラックスするといったイメージが浸透しているように思います。 ...
日本の山林・森林を知る

日本の約66%は森林でできている

日本の国土面積およそ3,779万ヘクタール対して日本の森林面積はおよそ2,510万ヘクタール。日本国土の約3分の2は森林が占めています。 つまり、わたしたちの暮らしている日本国土の約66%は森林なのです。 その森林のうち...