日本林業復活か!? 日経新聞記事「木材輸出 40年ぶり高水準 」

日経新聞記事 木材輸出 40年ぶり高水準

2018年1月23日付け日本経済新聞のマーケット商品面に「木材輸出 40年ぶり高水準 アジア需要取り込む」という記事が掲載されていました。

この記事によると、2017年の日本産木材の輸出額が40年ぶりの高水準となり、中国を中心とするアジア向けの需要が増えているそうです。

日本の林業は30年以上の長きに渡り衰退を続けていましたが、ここ最近は日本からの木材輸出が伸びており、日本国内の木材価格もじわじわと上昇しています。これは国内林業復活の兆しかもしれません。

該当の記事は以下のリンクからご覧いただけます。

参考記事 木材輸出、40年ぶり高水準 320億円前後、アジア需要取り込む 16年から3割以上伸び

※ 全文の閲覧は会員登録が必要です。

日本産木材の輸出額が40年ぶりの高水準に

日本の林業は衰退を続けていましたが、ここ最近は状況が変わり、日本国内の木材生産額の1割相当が輸出されるようになりました。今までの常識では考えられないですよね。

森林・林業白書 木材輸出額の推移

※ 平成28年度 森林・林業白書より 資料:財務省「貿易統計」

林野庁発表のデータ「我が国の木材輸出額の推移」を見ると、2013年から木材輸出が急激に伸びています。丸太や合板が大きく伸びていますが、これらは輸入したほうが安いものの筆頭だったはずです。

その理由は、木材価格が世界的に高騰する中で、日本の木材が割安になったこと、米国の需要拡大や環境規制が強化されたため、北米材や南洋材を中心とした外材は値段が上がる一方で、国産材は需給バランスが変わらず、相対的に安くなったことが要因です。

記事によると、国産材は梱包資材向けなどで激しく競合するニュージーランド材に比べ、数%安いとのこと。

中国で構造材として利用可能に

同じ日の日経新聞には「国産のスギなど 中国で構造材利用可能に」という記事も掲載されていました。

日経新聞記事 中国で構造材利用可能に

参考記事 中国で構造材利用可能に 国産のスギなど 高付加価値品の供給カギ

記事によると、8月から日本のスギ・ヒノキ・カラマツが中国の住宅で使えるようになるとともに、中国の建築法規が改正され、日本の住宅工法である「木造軸組工法」も認められたとのことです。

さらに、1月11日には「奈良産スギ丸太 中国に 住友林業が初輸出 林道整備で生産増」という記事も掲載され、住友林業が2017年11月に奈良県十津川産のスギ丸太を中国に向けて初輸出したことが紹介されていました。

日本の木材は中国向けだけでなく、台湾や韓国向けの輸出も伸びているそうです。

外材から国産材に切り替えの動き

米国産丸太の価格は20年ぶりの高値水準にあり、東南アジア諸国を産地とする南洋材丸太や合板の価格も、環境対策の強化に伴う伐採規制のため高値圏で推移しています。

このため、建材や資材などに用いる木材を、輸入材から国産材に切り替える動きが広まっています。

また、国内では木質バイオマスの発電用や熱利用向け活用が進んでおり、木材チップや木質ペレットの形でエネルギーとして利用され、その量は年々増加しています。

森林・林業白書 木質バイオマス量の推移

※ 平成28年度 森林・林業白書より 資料:「平成27年 木質バイオマスエネルギー利用動向調査」等各種統計

これらの記事や統計を見る限り、国産材は外需、内需ともに伸びており、国内林業に少しずつ復活の兆しが見られるように感じます。

山いちばでも、日本林業の復興に向けて様々な取り組みを行っていきます。

関連サイト 山いちば 山林のプロが解決!山林売買・立木処理・境界線確定・山林管理