レーザードローンとバックパック型ライダーによる森林計測セミナーに参加

レーザードローン 山いちば 最新情報

株式会社山いちばは、株式会社光響様が9月26日、27日の2日間に渡って開催された「レーザードローンとバックパック型ライダーの併用による森林計測・点群データ解析」実演セミナーに参加いたしました。

初日はレーザードローンとバックパック型ライダーを使った森林のレーザー測量実演、2日目はソフトウエア(LiDAR360)による点群データ解析のデモが行われ、山いちばも協力させていただきました。

ライダー(LiDAR・LIDAR)技術を使うと、レーザーセンサーから発射されたレーザーの反射を測定して、対象物までの距離や形状、性質を分析することができます。

この技術を用いたレーザードローンで上空からレーザーを照射すると、短期間で森林分布や山林資源の調査を行うことができます。

また、今回のレーザードローンとバックパック型ライダーを併用した森林計測は、日本初の試みです。

レーザードローンによる森林計測

セミナーは2日間に渡って開催され、9月26日に京都市右京区京北の山林で森林計測のデモ、27日に京都市内でソフトウエアによるデータ解析デモが行われました。

森林計測セミナー

初日は大型のドローンにレーザーセンサーを搭載したレーザードローンと、LiDARシステムを背負ったバックパック型ライダーで、実際の森林を計測する実演デモが行われました。

計測する山林全体をカバーするようにドローンの飛行経路を設定しておくだけで、あとは自動で森林や地形のデータを計測してくれます。

レーザー測量データ

バックパック型ライダーによる森林計測

続いて、小型化したバックパック型ライダーで、山林内を歩きながら立木の調査を行いました。

バックパック型ライダー

バックパック型ライダーは屋内でも使用可能で、ドローンが飛行できない市街地や、建物・構造物の中でもレーザー計測ができます。

また、レーザードローンだけでは不十分だった木の種類や太さなどのデータも、バックパック型ライダーを組み合わせて三次元データを統合することで、さらに精度の高い森林データ作成が可能になります。

ソフトウエア(LiDAR360)による点群データ解析

2日目はソフトウエア(LiDAR360)による点群データ解析のデモが行われました。

LiDAR360による点群データ解析

レーザードローンとバックパック型ライダーのデータを結合すると、森林内の様子がさらに鮮明になります。

立木一本一本の高さや太さまでデータ化され、さらに立木を除いた地表面だけの三次元データを作成することもできます。

LiDAR360による点群データ解析

人力で測定すると何日もかかるような山奥でも、レーザードローンで測定すれば、あっという間に森林分布や山林資源の調査を行うことができます。

測定した点群データを様々な形でビジュアル化することで、森林資源調査だけでなく、土木工事や災害対策など、様々な分野で有効活用できます。

カリフォルニアに本社を置くGreenValley International社は、ライダー(Lidar)技術を中心に、3Dマッピングソリューション及びソフトウエアの開発・製造を行なっています。

このソフトウエア(LiDAR360)も、GreenValley International社が開発したものです。

会社リンク GreenValley International

GreenValley International / 株式会社光響

GreenValley International 社のリアムさん、ケビンさん、リーさんです。

GreenValley International スタッフ

今回のセミナーを主催された株式会社光響様の動画です。実際にビジュアル化された解析データがよくわかるので、ぜひ一度ご覧ください。

株式会社光響様のウェブサイトです。レーザー関連製品の販売や技術開発を中心に、様々な事業を展開されています。

会社リンク 株式会社光響 レーザー界のプラットフォーマー